本屋さん


 NARCでは、アジアの農山漁村に関する記録や、
アジア農山漁村での活動記録などを小冊子として刊行しています。
ご希望の方は、送り先を明記のうえ電子メールで
池ノ上宏(sabaideenarc@yahoo.co.jp)までご注文ください。

書名:ラオスにおける女性と子供の漁労活動

著者:足立久美子・池ノ上宏

発行日:平成15年5月1日

サイズ:A5版、33ページ

内容:ラオスでは魚、エビ・カニ、カエルなどの水生生物が重要な食糧
である。そしてそれらの多くは女性や子供たちによって漁獲されている。
本書ではラオス各地で見かけた、女性と子供による漁労活動を写真とと
もに紹介し、貧しくとも心豊かなラオス人の生活の一端を垣間見る。

価格:500円(プラス送料140円)
書名:ラオスでの農村開発ボランティア活動の記録

著者:小川道夫

発行日:平成16年2月10日

サイズ:A5版、24ページ

内容:ラオス中部の農村でボランティアとして、3年半にわたり農村開発の
支援活動にたずさわった著者が、活動の内容、活動を通じて感じたこと、
悩んだこと、日本からの途上国援助の問題点、などについて率直に語る。
途上国における支援活動、ボランティア活動を目指すものにとって必読書。

価格:500円(プラス送料140円)
書名:ラオスのカエル

著者:池ノ上宏・佐野幸輔

発行日:平成16年10月1日

サイズ:A5版、22ページ

内容:ラオスでの生活とそこで食べたカエルの味が忘れられない著者等
が、カエルを通じてラオスの一側面を知ろうと見聞きしたカエルに関す
る話。カエルの種類、捕り方、売り方、食べ方。そして、祭具、織物、
民話、切手に現れるカエルの話。

価格:500円(プラス送料140円)
書名:ラオスの森の恵み

著者:渡辺盛晃

発行日:平成21年6月25日

サイズ:A5版、51ページ

内容:ラオスで長く林業分野の技術協力に従事していた著者が、ラオスの
森で採取される、木材、薪炭材以外の森の幸、47種類を、カラー写真とと
もに紹介する。ラオスの森の豊かさ、大切さを実感できる。
価格:800円(プラス送料140円)
書名:ラオスにおける「ふぃっしゃー・まむ」活動への取り組み

著者:永澤雅子・足立久美子

発行日:平成21年6月1日

サイズ:A5版、32ページ

内容:開発途上国の水産関係者に対して、水産業におけるジェンダー主流
化をテーマにした研修コースを実施してきた著者等が、内水面漁業で生計
を立てているラオスの村において実践した、水産物の加工・調理方法の指
導と交流活動の記録。水産分野で働く女性の連携と活性化に向けた
「ふぃっしゃーまむ」運動を提言する。
価格:500円(プラス送料140円)