特定非営利活動法人アジア農山漁村ネットワーク

(通称) NPO法人NARC


設立趣旨


 アジアモンスーン地帯の農山漁村には、
地産地消、自然環境との共生、循環型生産システム、強い家族の絆、
など先進国がすでに失ってしまった民衆の生活様式が
いまだに健全な姿で残っているところがたくさんあります。

 しかし、近年のグローバリゼーションの進行は、
それらの貴重な人類の財産を後進性の名のもとに根底
から破壊しようとしています。あとに残されるのは、
生活や生産の喜びを失い、拝金主義にまみれた、
都市への食料供給地としての荒涼とした農山漁村でしかないでしょう。

 アジア農山漁村がグローバリゼーションの厄災から
自らを守る力をつけるために、どのようなことが必要かを考え、
しょせん蟷螂の斧にすぎないことをしりつつも、
できる限りの活動をすることが
NARC (Network of Asian rural communities)
を設立した目的です。



主な活動

1. 現地調査 (1) 村落調査
(2) ODA等による開発プロジェクトの追跡調査
2. 研究会 (1) 海外水産技術協力に関する研究
(2) アジア農山漁村のジェンダーに関する研究
3. 出版・広報活動 (1) 活動報告書や調査報告書の刊行
(2) 「NARC通信」の発行
(3) アジア農山漁村体験ツアーの実施
4. ボランティア活動 (1) 技術支援活動
(2) 現地の若者の自立支援活動
(3) 古着などの送付
(4) アジア農山漁村住民の交流促進活動



世話人グループ

足立 久美子
池ノ上 宏
佐野 幸輔
森本 直樹

メール・アドレス:sabaideenarc@yahoo.co.jp